別れてから時間が経っている元彼へのメール例文紹介

別れるには、いろいろな理由があったことでしょう。もしかしたら、ささいなことでケンカ別れをしてしまったかもしれませんし、男と女の感じ方の違い、あるいは生い立ちによる違和感から対立を招いてしまったのかもしれません。ささいなことでケンカ別れというのも、よくある話です。そんな別れ方をしたからこそ、思いを断ち切るのも、なかなか難しいのでしょう。だからといって時間が経ってしまうと、今度はなかなか連絡を取ることも緊張してしまいますね。「もしも連絡して、冷たい対応されたらどうしよう。」とか「連絡したいけれど、どうしても言葉が浮かばない。」とか、もしかしたら、もう新しい彼女ができてしまっているかもしれないとか、そんな不吉なことまで考えてしまって、次第に身動きが取れなくなってしまっているのが現状ではないでしょうか。そんな不安なあなたに、何とか元彼から連絡がもらえるかもしれない方法を紹介しましょう。
参考:復縁方法と復縁占い

共通の知り合いの連絡先を聞いてみる!

時間がすでに経ってしまっている連絡で「最近元気にやっている?」というようなアプローチでは、元彼から返事をもらうのは、なかなか難しいはずです。ですから、直接元彼に連絡しても、空振りになることが多くなると認識したほうがいいでしょう。こうしたケースにおいては、用件を作って、元彼が連絡を返してくる状況を作るようにしましょう。すなわち、「返答の必要があるメール」にすることが良いということです。
まずポイントとして「返答の必要がある内容のメール」が良いでしょう。もし、元彼との共通の知り合いがいるならば、こんな例文はいかがでしょうか。「急でごめんね! ○○君の連絡先が分からないの。知ってたら教えてくれない?」こんな風な文面なら、もし、元彼が知っていれば、連絡先を教えてもらえますし、知らなければ知らないと返答してくれるでしょう。

一斉メールを送ってみる!

このような個人宛のメールで気まずくなりそうな場合は、一斉メールの有効活用もできます。例えば、こうです。「○○です!(自分の名前)このたび、アドレスを変更をしたので登録をお願いします。みんなの連絡先が前と変わってしまっているかもしれないので、このメールが届いたならば返事いただければ幸いです。」このようにすると、元彼の連絡先が同じかどうかも分かります。また、もし、返事なかったとしても、元彼の消息を知っている人もいるかもしれず、いずれにしても、情報収集のためにも有効活用となるはずです。

友人からドタキャンされたとメールして元彼を誘うキッカケ作り!

事前に友人と約束していた状況を作って、それをドタキャンされたという設定をして、元彼にメールするという方法もあります。こうした時の例文は、こうです。「ライブの前売り券を購入してたんだけど、一緒に行く予定だった○○君が、急に行かれなくなっちゃったのよね。ところで、思い出したんだけど、××君も、この歌手好きじゃなかった? 都合がつくなら一緒に行かない? もし、無理ならば、構わないのよ。他の人に聞いてみるから…。急なことで悪いんだけど、お返事ください!待っています。」
ここで大事なことは、元彼がそのライブの歌手に関心があることです。無論、映画でも、スポーツでも元彼が、それらのことに関心があることが鍵となります。もし、ライブへの興味がある場合は、一緒に行ってくれる可能性が高くなりますし、もし元彼が行かれなくとも、とりあえず返事はもらえるので、ここから連絡も再開できます。復縁の再開のキッカケにもなるかもしれません。

誕生日メールを送る!

元彼の誕生日にメールを送るのは、そんなに不自然感もないでしょう。このキッカケを利用してしまいましょう。たとえ。誕生日でしたら、別れてから多少時間が経っていても、不自然になりにくい状況設定となるでしょう。例文は、こうです。「久しぶりです! お誕生日おめでとう! 素敵な年にしてくださいね。」
文章を長くしますと、妙なこだわりや、未練とかの感情的な部分が滲み出てきてしまわないとも限りませんので、元彼が返答しやすいようなシンプルな内容にしましょう。

イベントや災害もメールに活用できる!

ちょっと不謹慎ですが、災害やイベントも、久しぶりに連絡をする際には、そのキッカケには十分なり得ます。災害はそう起こるわけではないので、イベントを活用する方法もあります。クリスマス、お正月、ハロウィンなんかも連絡のきっかけには使えます。それぞれのシチュエーションに合わせて考えていただければいいと思います。例えば、竜巻とか雷光とかがあったりした時、気遣ってメールしましょう。例えば、こんなです。「今日の雷はひどかったね! そっちで停電あるって聞いたけど、被害はなかった? 大丈夫だった? 心配しています。」とか、さりげなくメールしてみましょう。 

おわりに

別れてから時間が経ってしまっている元彼への連絡は、なかなかキッカケがつかめないため難問になってしまいます。それゆえにこそ、時間が経ってしまったというのが現状でしょう。けれど、そうして悩んでいればいる程、時間は流れ去り待ってはくれません。キッカケは考えれば、何かあるものです。それに、元彼に未練がある以上、この状況に何かの答えを出さない限り、あなたは、次の恋にも歩きだせないでしょう。そのためにも、一歩でも二歩でも前に歩きませんか。運命を切り開くのは、誰でもなくあなただし、あなた自身を幸せにできるのも、あなたなのですから…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です