【復縁体験談】友達になった女の子が間に入ってくれました

ひとつ年上の彼とは、高校の部活がいっしょで仲良くなりました。
物静かで優しい人で、他の後輩たちからも慕われていたので、私は可能性がないと思っていたのですが。
卒業する時に、告白されたのです。

付き合い始めてからは幸せでした。
学校は違っても、同じ町にいましたので時々会えますし、毎日電話をしていました。
でも、そのうちだんだんと彼の嫉妬が始まりました。
私の同級生に、部活の仲間に。
私だって会えないのは寂しいし、彼のサークル仲間や同じゼミの人に嫉妬しちゃうこともあるのに…。

ついに、彼のほうから別れを切り出されてしまいました。
私も私でいい加減彼の嫉妬にうんざりしていましたし、きついことを言ったと思います。

同じ町に住んでいるからには時々顔を合わせることがありましたが、お互い無視していました。
こちらから連絡もしないし、向こうからも来ないし。
ほんとうはまだ好きでした。
でも、嫉妬して束縛するような彼に腹が立っていましたから、私からは何も言うものかと思っていました。

そんな風に意地を張っていたら、クリスマスに町でばったり。
彼は、女性と一緒でした。
一見してケーキとわかる箱を抱えて、手をつないで。
髪の長いきれいな人。以前話に出てきたゼミの先輩、と直感しました。
彼女、できちゃったんだ…。

もうあきらめようと思い、同期の子と仲良くなったりしましたが、やっぱり彼が忘れられません。
そうこうしているうちに新学期。
クラス替えがあって、彼の幼なじみ、という女の子と偶然席が近くなり、仲良しになりました。
彼と私が付き合っていたことを知った彼女は、昔の彼のことをいろいろ教えてくれました。
それから、「連絡取ってみたほうがいいと思うよ」と勧めてくれたのです。

彼女らしき女性と歩いているところを目撃した話もしたのですが、「それでも、気持ちが残ってること伝えたほうがいいよ」と…。
私はもう可能性はないと思っていたのでそのままにしておくつもりだったのですが、友人は私が迷っている間に彼に会って話をしたらしいのです。
突然、彼から連絡がありました。
「付き合ってる人なんかいない。
 もし戻ってきてくれるなら、また付き合いたい。
 嫉妬ばかりして悪かったと思っている」
と言うのです。
あのときの、手をつないでいたのは何だったの?と思いましたが…。

それについては、後日彼の口から聞くことができました。
どうやら、ゼミの先輩のほうはその気があって積極的だったみたいです。
でも、彼は私を選んでくれました。
あのとき、背中を押してくれた友人に感謝。
まだ恩返しはできていませんが、いつか私もキューピッドになるからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です