【復縁体験談】彼依存症から立ち直り見事復縁に成功しました

私と彼が出会ったのは今から5年前の事でした。

当時私はすでに33歳、それに対して彼は何と27歳と私よりも6歳も若かったのです。

知り合ったきっかけなのですが、毎年開かれる花火大会の時に友人と二人で出掛け、
途中人ごみの中で何と持ってきていた財布をどこかに落としてしまったのです。

かなりの人ごみだった事や暗かった事もあり、結局見つけることが出来なかったのですが、
後日交番から電話があったのです。

財布は無事に見つかったのですが、交番で対応してくれた警察官の彼に私が一目ぼれをしてしまったのです。

勝手に運命の出会いと思い盛り上がってしまったのですが、名前も歳も彼女が居るのかどうかも分からないまま、
私の片思いは続きました。

その後私も年齢的に焦っていた事もあり、彼が仕事が終わる時間帯に待ち伏せをして、
思い切って手紙を渡したのです。

今思えばかなりアナログな告白方法なのですが、まだ連絡先も分からなかった事からこの作戦を決行しました。

答えは見事成功だったので、その日から私達は電話で長時間話したりデートを重ねるようになりました。

毎日彼一色になってしまった私はせっせと彼の官舎に行ってはご飯の支度をしたり、
掃除をしたり洗濯をしたりとまるで母親のような役割も担っていたのですが、
とにかく彼と一緒に過ごす時間が楽しくて気が付けばその状態が3年ほど続きました。

ところが彼は3年置きくらいに転勤があるのですが、当時の勤務先からはかなり離れた場所に勤務が決まったのです。

さらに警察官は昇級試験があるのですが、勉強にも忙しく私の家とも離れてしまった事で思うように会えない事もしばしばでした。

そんな事で結局喧嘩が絶えなくなってしまった事や、私は生活のすべてを彼に依存した事もあり
彼自身も私の束縛に嫌気がさしていた事で結果別れる事になったのです。

しばらくは何もする気が起こらない程傷心していた私なのですが、良い歳をして彼に依存していた事も恥ずかしく思うようになり、
それ以来彼に認めてもらえるようにしっかり内面や外見も磨きました。

約半年間彼との事についてじっくり考えた結果、やはり私には彼しかいないと言う答えを見つけたので
思いのたけを彼にぶつけて見事復縁に成功しました。

昔とは変わった私の姿を見て彼も納得してくれたのですが、復縁の成功はやはり反省する点は反省して
お互い一回り成長した姿を見せる事も大事です。

それ以来私は彼一色ではなく、自分の時間も楽しく過ごせるようになったのですが、
お互い良い関係を保っているので復縁して本当に良かったと実感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です