元彼の浮気で破局。心の傷を乗り越えて復縁する為の方法

男女共に自分達は好き合っていた、愛し合っていたと思っていたはずの相手が浮気をし、自分以外の女性といちゃっいていたと思うと、どうしても相手の事を許せずにその場で別れを切り出してしまうかもしれません。

世間ではよく「浮気は男の甲斐性」などと言われていますが、浮気は決して許されることではありません。でもどうしても元彼と復縁がしたい・・・そう考えた時、復縁への方針はもう決まっています。

浮気が原因の復縁の考え方

本当に元彼だけが悪かったのか?

どんな人でも浮気をされてしまうと、自分のプライドや存在価値を汚されたように感じ、自尊心もズタズタになります。

一方的に元彼の事を責めるのは簡単ですが、一方的に元彼を攻め立て反省したなら許してあげる、だから復縁しましょう?では、「なぜ浮気をされたのか?」という根本的な原因が解決せず、そのまま復縁をしても結局元彼が浮気をした原因は改善されないので、結局また別れてしまうことになります。

浮気の原因第一位「物足りなくなった」

どんなに大好きな彼女で、この子と一生添い遂げようと考えていたとしても、ずっと付き合っていけばやがてマンネリ期が訪れます。

どんなカップルにもこのマンネリはやって来ますが、彼女に対し物足りなさを感じていた時、彼女とは違う女性が目の前に現れたら、ついフラッと擦り寄ってしまうこともあります。

このようなマンネリや求めているものが満たされない関係の時、浮気をした場合なら復縁できる可能性は十分にあります。

ですが、これは彼があなたに満足しており、気の迷いで浮気をしてしまった時の場合です。元々彼女に色々な不満があった場合、それらの不満を解消しておかないと、復縁は難しくなります。

元彼を許すことができるか否か?

浮気からの復縁を目指すなら、「私は浮気されて傷ついた!ひどい!」という被害者感情ばかりを元彼の前で振り回していても、オレも悪いけどお前も悪いんいゃない?と元彼が思っているとしたら、お互いの認識が一致しない限り復縁は遠い夢と考えてよいでしょう。

確かに浮気をされると大変辛いですし、自分を否定されたような気持ちになりますが、自分が元彼に取っていた態度を省みて、改善する必要があります。

浮気をした男性が元カノに抱きがちな不満例

毎日メールや電話を強要する

男性は女性に比べ、メールた電話は単なる連絡手段とした捉えていないことが多く、会話として捉えていません。

一方女性はメールや電話は重要なコミュニケーションと思っていますので、決め事を作り毎日メールや電話を求めてくる人も多いのです。

男性にはひとりでぼんやりと考え事をする時間を大切にしている人もいるので、邪魔にならない頻度にする必要があります。

いつの間にか女としてのたしなみが無くなっていた

付き合う前はかわいくて女の子らしい子だなと思っていたのに、一緒にいる時間が長くなるにつれ、どこでもグロスを塗り直したり、男言葉で怒鳴り散らすなどの女を忘れた行動を見ているうちに、こんなはずじゃなかったと後悔するようになります。

嫉妬深く浮気してるとひたすら疑っていた

彼女と付き合う前からの女友達とのメールや、飲み会に女友達がいるだけで「浮気しようとしてる」など、元彼に対して愛情を疑うような発言ばかりしていた場合、どんなに好きだったとしても愛情が薄らいでいきます。あまり縛り付けてしまうと、ほとほと嫌になって他の女性に乗り換えてしまうこともあります。

自分の事ばかりで元彼の事は後回し

いつも自分優先で、元彼の事は自分の用事が終わった後だったりと、元彼の事を軽く扱っていませんでしたか?

男性はどんな人でも男としてのプライドを持っていますので、たとえ好きな彼女でも軽くみられてしまうと、愛情も目減りしていきます。

すぐに元彼の事を否定する

話をしていた時「そうじゃないよ」「間違ってるし」など、元彼のの意見を一方的に否定してしまうと、否定された側としては「正しいかもしれないけど、その言い方はひどい」と傷ついてしまい、何度も重なることでいい加減嫌になってしまいます。

おわりに

男性が彼女に求めているのは、「癒し」であったる「女らしさ」「元気」など、元彼が求めていた欲求を満たすことができていないから、他の女性にその足りなかった部分を求め、浮気をしたおかもしれません。

浮気をされた恨みや辛さ・悲しさを全部忘れてしまうことはできないかもしれませんが、元彼の事を許し、自分が今まで元彼に取っていた言動を省みることによって、元彼との復縁も近づいていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です