【復縁体験談】元彼と離れてみて依存から変われた私

私は彼のことが大好きでした。
年上独特の口数少ないところも、時々見せる微笑んだような顔も、華奢だけど骨っぽい肩や腕も、全部好きでした。
だけど一番好きだったのは、私を大切にしてくれるところでした。

当時大学一年生だった私は田舎から出てきたばかりのおのぼりさんで、資格の勉強や都会の喧騒に疲れていました。
その一方なぜかふと寂しくなったり自分は一人ぼっちだと考えてしまったりしていました。
そんな時には真っ先に彼に会いに行きました。
夜中でも構わず、自転車を走らせました。
彼はいつでも迎え入れていてくれました。
そして私はそれに甘え過ぎていたのです。

「ちょっと俺に依存し過ぎかな」
これが別れの言葉でした。
正直寝耳に水という感じはなく、ああ、という自分でも驚くくらい冷静な気持ちでいました。
私たちは別れて、友だちに戻りました。

彼の優しいところが大好きでした。
悪く言うと、私にとって都合がいいところが好きだったのかもしれません。
寂しくなると抱きしめてくれて、どんな時間でも会ってくれて、そんな彼が好きだったのです。
一方的に甘えて、頼って、都合よく振り回して…彼が愛想を尽かすのも無理はありません。
私がしてあげたことと言えば、イベント程度にバレンタインや誕生日にプレゼントを渡したくらいだったと思います。
恋愛と言うにはおこがましいくらい一方的な甘えとわがままでした。
それに気づいたとき、なんて自分は子供なんだろうと思いました。

精神的に自律したいと思いました。
資格取得講座も増やし、勉強にレポートに精を出していました。
友だちに戻った彼からは時々メールが来ました。
近況報告を数往復するくらいのメールでしたが、それだけで私は頑張れました。
こうやって心配してくれるのだから、別れて正解だったのだ、と思うようにしました。

私より二年ほど早く彼は社会人になりました。
遠い、飛行機の距離での就職でした。
それもいつものようなメールで知り、見送りも何もせず、私たちは離れ離れになりました。

そしてその一年後、私の就職活動が始まりました。
行きたい企業の一つに、彼の就職先の土地での説明会がありました。
思い切って彼にメールをして、食事の約束を取り付けました。
久しぶりに彼に会える。
そう思うとすごくドキドキしました。

待ち合わせをした彼の第一声は「かっこよくなったね」でした。
生き生きとした顔つき、しゃべり方。
あの頃とは違う、と。
「嫌いになったわけじゃなかった」
そう言って彼は抱きしめてくれました。
変わらない骨っぽい腕の中で私は涙があふれました。
彼のために頑張ってきたわけではありません。
でも自分の頑張りを、大好きな人に見てもらえて、認めてもらえてすごく嬉しかったのです。

離れてみて依存から変われた私を見てくれた彼をずっと大切にしたいと思いました。

【復縁体験談】彼依存症から立ち直り見事復縁に成功しました

私と彼が出会ったのは今から5年前の事でした。

当時私はすでに33歳、それに対して彼は何と27歳と私よりも6歳も若かったのです。

知り合ったきっかけなのですが、毎年開かれる花火大会の時に友人と二人で出掛け、
途中人ごみの中で何と持ってきていた財布をどこかに落としてしまったのです。

かなりの人ごみだった事や暗かった事もあり、結局見つけることが出来なかったのですが、
後日交番から電話があったのです。

財布は無事に見つかったのですが、交番で対応してくれた警察官の彼に私が一目ぼれをしてしまったのです。

勝手に運命の出会いと思い盛り上がってしまったのですが、名前も歳も彼女が居るのかどうかも分からないまま、
私の片思いは続きました。

その後私も年齢的に焦っていた事もあり、彼が仕事が終わる時間帯に待ち伏せをして、
思い切って手紙を渡したのです。

今思えばかなりアナログな告白方法なのですが、まだ連絡先も分からなかった事からこの作戦を決行しました。

答えは見事成功だったので、その日から私達は電話で長時間話したりデートを重ねるようになりました。

毎日彼一色になってしまった私はせっせと彼の官舎に行ってはご飯の支度をしたり、
掃除をしたり洗濯をしたりとまるで母親のような役割も担っていたのですが、
とにかく彼と一緒に過ごす時間が楽しくて気が付けばその状態が3年ほど続きました。

ところが彼は3年置きくらいに転勤があるのですが、当時の勤務先からはかなり離れた場所に勤務が決まったのです。

さらに警察官は昇級試験があるのですが、勉強にも忙しく私の家とも離れてしまった事で思うように会えない事もしばしばでした。

そんな事で結局喧嘩が絶えなくなってしまった事や、私は生活のすべてを彼に依存した事もあり
彼自身も私の束縛に嫌気がさしていた事で結果別れる事になったのです。

しばらくは何もする気が起こらない程傷心していた私なのですが、良い歳をして彼に依存していた事も恥ずかしく思うようになり、
それ以来彼に認めてもらえるようにしっかり内面や外見も磨きました。

約半年間彼との事についてじっくり考えた結果、やはり私には彼しかいないと言う答えを見つけたので
思いのたけを彼にぶつけて見事復縁に成功しました。

昔とは変わった私の姿を見て彼も納得してくれたのですが、復縁の成功はやはり反省する点は反省して
お互い一回り成長した姿を見せる事も大事です。

それ以来私は彼一色ではなく、自分の時間も楽しく過ごせるようになったのですが、
お互い良い関係を保っているので復縁して本当に良かったと実感しています。

【復縁体験談】彼と別れてから自分磨きをして、復縁できました。

私が彼と別れた理由は、彼の仕事の忙しさを私が理解してあげられなかったことでした。

彼の仕事の休みは不定休だから、なかなか予定を立てられませんでした。
しかも、昼に勤務の場合と夜に勤務の場合があったので、タイミングが合わず、なかなか連絡を取ることもできませんでした。
お互いが学生の頃はいつも一緒にいましたし、離れているときは連絡をとっているような2人だったので、彼が就職してからは毎日寂しい日々でした。

今なら、彼の仕事の忙しさを理解して、会えなくなったり連絡があまりとれなくても、許してあげればよかったなって分かるんです。
でもあの時の私は寂しさにつぶされそうになってしまい、その辛さをあろうことか彼にぶつけてしまったのです。
「何で会ってくれないの?」と言ってしまったのです。
そのときの、彼の疲れきった悲しそうな表情を忘れられません。

私は「仕事なんだから仕方ないじゃんか、分かってくれないならもう別れよう」と言われ、ふられてしまいました。
当たり前のこととも言えるでしょう。
彼のことを考えず、自己中心的になってしまったので当然です。

私は別れてはじめて冷静になることができ、自分のしてしまったことの重大さに気付きました。
仕事が忙しいのは当たり前のことなのに、私は寂しいあまり、仕事への理解を忘れてしまっていました。
「何で彼を責めてばっかりだったんだろう」と後悔ばかりしていました。
でも、別れてすぐに彼にすがっては逆効果だとも思い、しばらくは冷却期間を置こうと決めました。

その冷却期間の間に私がしようと思ったことは、自分磨きでした。
自分磨きをして自分に自信をつけて、趣味など自分の時間を充実させることができれば、彼とあまり会えなくても、連絡を少ししか取れなくても、大丈夫になれるし我慢できる、と思ったからです。

元々習いたいと思っていた料理教室に通い、自分磨きをしました。
そして、元々趣味でしていたサックスをまたはじめました。
充実した日々を過ごすことで、自分に自信をつけることができましたし、彼ともし復縁しても、彼に依存することなく自分の生活を送ることができると思えました。

いつの間にか彼と別れて半年が経っており、冷却期間は十分置いたと思ったので彼に連絡をし、会うことができました。
そして私は、昔のように自分が彼に依存していないこと、自分磨きをして自信をつけて今は充実した生活を送っていることを彼に話し、復縁したいと伝えました。
すると、彼にちゃんと伝わったようで、復縁することが出来ました。

自分を見つめなおすという点では、必要な経験だったのかなと今では思います。

復縁を成就させるためには合理的な考えも必要です。

男女の関係はもろく、はかないものです。
『この人しかしない!』と夢中になった相手でも、いざ付き合ってみるとうまくいかなくて
結局別れてしまった…ということもよくあること。
一方で、終わってしまったと思った恋愛が再燃することも決して珍しいことではありません。
ある統計では、一度別れた異性と復縁する可能性は4割を超えているそうです。
恋愛とは、この人と決めた相手と何度も逡巡しながら関係を深めていくものなのではないでしょうか。
今、ここを訪れたあなたもきっと、どうしても吹っ切ることのできないあの人と復縁をしたいと願っている一人。

ここでは、復縁を成功させるための効果的な対処法をまとめています。
大好きなあの人ともう一度新たな関係を結びなおすために、是非参考にしてみてくださいね。

別れた時のあの人の思いを、よく考えてみましょう

互いの心がすれ違い、別れという決断をした二人。
相手を振ったのはあなたでしょうか?それともあの人からだったでしょうか?
辛い体験ではありましたが、もう一度客観的に当時を振り返ってみてください。
あの人はその時、何を思っていたのでしょうか。

あなた自身にも、様々な考えがあったことでしょう。
しかし、独りよがりになってはいけません。
相手の立場に自分を置き換えてみてください。
別れに接し、相手が何を考えていたのか…

それをしっかりと見つめなおすことができれば、復縁の糸口はかならず見つかるはずですよ。

相手を怒らせてしまったのなら

あなたには、少々わがままな一面があったのかもしれません。
それに耐えかねてあの人は別れを切り出しました。
心の奥底では、あなたを嫌いになってしまったわけではないのに…
あなたとのお付き合いに、あの人は疲れてしまったのだとしたら。

それならば、復縁は難しいことではありません。
あなたが素直になり、あなた自身を改善していく姿勢を示すことで
必ずや復縁は叶うことでしょう。

ただし、復縁へつながる手段にはそれ相応のテクニックが必要です。
信頼できる友人に相談してみるのも一つの手ではありますが、できれば復縁に慣れたアドバイザーの
適切なアドバイスが欲しいものですね。

あの人に好きな人ができたのなら

これは大変に辛いことです。
人によっては、立ち直れないほどのショックを受けることもあるでしょう。

けれど相手に新しい相手ができたからといって、あなたの復縁の意志が固いのならば
躊躇することはありません。

恋愛とは、もろくはかないもの。
それを逆手にとって相手の恋心がさめるのを待ったり、相談に乗ることで相手の心をつかむことができれば
あの人の心をあなたの手中に収めることも、難しいことではないのですよ。

実際に復縁の多くは、相手の恋愛相談に乗っているうちにいつのまにか…ということが多いもの。
相手が心のスキをさらす瞬間を見逃してはいけません。

戻る気はないと言われても

愛する人と別れ、寂しさを募らせているあなた。
大好きなあの人に「もう元の関係に戻る気はない」と宣言されたとしても
それですべてが終わりだと悲観しないでください。
適切なタイミングで、相手の心にぴったりと寄り添うことができればいつでも復縁の道は開かれます。

適切なタイミングとはいつか?
復縁のタイミングにはさまざまな条件や、霊感にも似た細やかな状況が深くかかわってきます。
自分の感情だけに翻弄されるのではなく、状況を客観的に見つめる力が必要だということなのです。

おわりに

別れは辛いものです。
辛い別れをそのまま終わらせてしまうのか、もう一度修復するのか…
それはあなたの考えかたや行動ひとつひとつにかかってきます。
復縁とは実際合理的な側面もあるもの。
あらゆる客観的な情報を駆使して、あの人との復縁をかなえてくださいね。

別れてから時間が経っている元彼へのメール例文紹介

別れるには、いろいろな理由があったことでしょう。もしかしたら、ささいなことでケンカ別れをしてしまったかもしれませんし、男と女の感じ方の違い、あるいは生い立ちによる違和感から対立を招いてしまったのかもしれません。ささいなことでケンカ別れというのも、よくある話です。そんな別れ方をしたからこそ、思いを断ち切るのも、なかなか難しいのでしょう。だからといって時間が経ってしまうと、今度はなかなか連絡を取ることも緊張してしまいますね。「もしも連絡して、冷たい対応されたらどうしよう。」とか「連絡したいけれど、どうしても言葉が浮かばない。」とか、もしかしたら、もう新しい彼女ができてしまっているかもしれないとか、そんな不吉なことまで考えてしまって、次第に身動きが取れなくなってしまっているのが現状ではないでしょうか。そんな不安なあなたに、何とか元彼から連絡がもらえるかもしれない方法を紹介しましょう。
参考:復縁方法と復縁占い

共通の知り合いの連絡先を聞いてみる!

時間がすでに経ってしまっている連絡で「最近元気にやっている?」というようなアプローチでは、元彼から返事をもらうのは、なかなか難しいはずです。ですから、直接元彼に連絡しても、空振りになることが多くなると認識したほうがいいでしょう。こうしたケースにおいては、用件を作って、元彼が連絡を返してくる状況を作るようにしましょう。すなわち、「返答の必要があるメール」にすることが良いということです。
まずポイントとして「返答の必要がある内容のメール」が良いでしょう。もし、元彼との共通の知り合いがいるならば、こんな例文はいかがでしょうか。「急でごめんね! ○○君の連絡先が分からないの。知ってたら教えてくれない?」こんな風な文面なら、もし、元彼が知っていれば、連絡先を教えてもらえますし、知らなければ知らないと返答してくれるでしょう。

一斉メールを送ってみる!

このような個人宛のメールで気まずくなりそうな場合は、一斉メールの有効活用もできます。例えば、こうです。「○○です!(自分の名前)このたび、アドレスを変更をしたので登録をお願いします。みんなの連絡先が前と変わってしまっているかもしれないので、このメールが届いたならば返事いただければ幸いです。」このようにすると、元彼の連絡先が同じかどうかも分かります。また、もし、返事なかったとしても、元彼の消息を知っている人もいるかもしれず、いずれにしても、情報収集のためにも有効活用となるはずです。

友人からドタキャンされたとメールして元彼を誘うキッカケ作り!

事前に友人と約束していた状況を作って、それをドタキャンされたという設定をして、元彼にメールするという方法もあります。こうした時の例文は、こうです。「ライブの前売り券を購入してたんだけど、一緒に行く予定だった○○君が、急に行かれなくなっちゃったのよね。ところで、思い出したんだけど、××君も、この歌手好きじゃなかった? 都合がつくなら一緒に行かない? もし、無理ならば、構わないのよ。他の人に聞いてみるから…。急なことで悪いんだけど、お返事ください!待っています。」
ここで大事なことは、元彼がそのライブの歌手に関心があることです。無論、映画でも、スポーツでも元彼が、それらのことに関心があることが鍵となります。もし、ライブへの興味がある場合は、一緒に行ってくれる可能性が高くなりますし、もし元彼が行かれなくとも、とりあえず返事はもらえるので、ここから連絡も再開できます。復縁の再開のキッカケにもなるかもしれません。

誕生日メールを送る!

元彼の誕生日にメールを送るのは、そんなに不自然感もないでしょう。このキッカケを利用してしまいましょう。たとえ。誕生日でしたら、別れてから多少時間が経っていても、不自然になりにくい状況設定となるでしょう。例文は、こうです。「久しぶりです! お誕生日おめでとう! 素敵な年にしてくださいね。」
文章を長くしますと、妙なこだわりや、未練とかの感情的な部分が滲み出てきてしまわないとも限りませんので、元彼が返答しやすいようなシンプルな内容にしましょう。

イベントや災害もメールに活用できる!

ちょっと不謹慎ですが、災害やイベントも、久しぶりに連絡をする際には、そのキッカケには十分なり得ます。災害はそう起こるわけではないので、イベントを活用する方法もあります。クリスマス、お正月、ハロウィンなんかも連絡のきっかけには使えます。それぞれのシチュエーションに合わせて考えていただければいいと思います。例えば、竜巻とか雷光とかがあったりした時、気遣ってメールしましょう。例えば、こんなです。「今日の雷はひどかったね! そっちで停電あるって聞いたけど、被害はなかった? 大丈夫だった? 心配しています。」とか、さりげなくメールしてみましょう。 

おわりに

別れてから時間が経ってしまっている元彼への連絡は、なかなかキッカケがつかめないため難問になってしまいます。それゆえにこそ、時間が経ってしまったというのが現状でしょう。けれど、そうして悩んでいればいる程、時間は流れ去り待ってはくれません。キッカケは考えれば、何かあるものです。それに、元彼に未練がある以上、この状況に何かの答えを出さない限り、あなたは、次の恋にも歩きだせないでしょう。そのためにも、一歩でも二歩でも前に歩きませんか。運命を切り開くのは、誰でもなくあなただし、あなた自身を幸せにできるのも、あなたなのですから…。

【復縁体験談】友人たちとの飲み会で意図的に再会し復縁。

私と彼は元々友人を通じて知り合いました。
よくあるパターンで、私の友人の彼氏の友達を紹介してもらったところから始まりました。
23歳の夏からつきあい始めて、2年間は楽しい日々が続きました。
彼は私より2歳年上。
私は大卒、彼は院卒なので、お互い就職2年目でまだまだ慣れない仕事の話や、共有できるところが多かったのも良い所でした。

しかし、つきあって2年。
25歳になり、仕事にも慣れてきた頃、私は結婚を意識し出すようになりました。
私は実家暮らしで、彼は一人暮らし。
彼の家に泊まりにいくときも親には一応、「友達の家に泊まってくる」と言ってはいましたが、親は薄々彼の存在を感じていたようです。
「いい人がいるなら連れてきなさい。」という両親の言葉に、やはり結婚を意識するようになってきました。

そんな時に彼とハワイ旅行に行く計画を立てていました。
ちょうど良い機会だから両親に認めてもらってから行きたいなと思ったのです。
それで、彼に「一度うちの家に来ない?両親にも会ってもらいたい。」
と言いました。
軽く「いいよ。」
って言ってもらうのを期待していたのですが、
「今はそれ一緒はできない。仕事のことで頭がいっぱいだから。」
と言うではありませんか。
私は「仕事で頭がいっぱいなのに、ハワイ旅行は行けるの?どうして私の親には会えないの?」
と詰め寄ってしまいました。
しかし、彼はただ黙って下を向くだけで、まるで貝のようになってしまいました。
私が言った「両親にも会ってもらいたい。」という一言でとてもおかしな雰囲気になり、その日は別れました。

次の時に会った時も、会話も盛り上がらずにハワイ旅行も私から言い出さない限りは流れる雰囲気でした。
悲しいけど、私とは結婚できないんだな、そう感じました。
それで一方的にお別れメールを送った私。
そう、追いかけてきてくれると思ったんです。
だけど、答えは「ほんとにごめんね。」それだけでした。

それから2年。
私は特に新しい彼氏もできずに、仕事に打ち込んでいました。
そんなとき、友人から彼の噂を聞きました。
「○○くん、あれから会社辞めたらしいよ。いろいろ悩んでいたみたいで。それで今は新しい会社で頑張っているって。」
それを聞いて、私は自分の愚かさに気づきました。
悩んでいた彼のこと何も考えず自分のことだけだったなと。

そして、彼にまだ彼女がいないことを確認して、友人に数名の飲み会を設定してもらいました。
ただ、私は「来るか来ないかわからない。」と彼に伝えてもらって。
そして、飲み会当日。
彼は来ました。
でも、私は彼の横には座りませんでした。
斜めに座り、時々目が合っては笑った程度で、とにかく楽しい話をみんなでしました。

その帰り、「一緒に帰ろう。」と彼のほうから行ってきました。
歩きながら話し始めた彼。
仕事が大変だった話。
いろいろ話してくれました。
「私はわがままで自分のことばっかりだったね。ごめんね。」と言いました。
そして、別れ際、彼の方から「また会おう。」と言ってくれました。
そうして、私たちはまた付き合うことになりました。
彼から復縁を申し込んできたのですが、きっかけを作ったのは私でした。
きっかけを作らなかったらこの復縁はなかったと今でも思います。

【復縁体験談】友達になった女の子が間に入ってくれました

ひとつ年上の彼とは、高校の部活がいっしょで仲良くなりました。
物静かで優しい人で、他の後輩たちからも慕われていたので、私は可能性がないと思っていたのですが。
卒業する時に、告白されたのです。

付き合い始めてからは幸せでした。
学校は違っても、同じ町にいましたので時々会えますし、毎日電話をしていました。
でも、そのうちだんだんと彼の嫉妬が始まりました。
私の同級生に、部活の仲間に。
私だって会えないのは寂しいし、彼のサークル仲間や同じゼミの人に嫉妬しちゃうこともあるのに…。

ついに、彼のほうから別れを切り出されてしまいました。
私も私でいい加減彼の嫉妬にうんざりしていましたし、きついことを言ったと思います。

同じ町に住んでいるからには時々顔を合わせることがありましたが、お互い無視していました。
こちらから連絡もしないし、向こうからも来ないし。
ほんとうはまだ好きでした。
でも、嫉妬して束縛するような彼に腹が立っていましたから、私からは何も言うものかと思っていました。

そんな風に意地を張っていたら、クリスマスに町でばったり。
彼は、女性と一緒でした。
一見してケーキとわかる箱を抱えて、手をつないで。
髪の長いきれいな人。以前話に出てきたゼミの先輩、と直感しました。
彼女、できちゃったんだ…。

もうあきらめようと思い、同期の子と仲良くなったりしましたが、やっぱり彼が忘れられません。
そうこうしているうちに新学期。
クラス替えがあって、彼の幼なじみ、という女の子と偶然席が近くなり、仲良しになりました。
彼と私が付き合っていたことを知った彼女は、昔の彼のことをいろいろ教えてくれました。
それから、「連絡取ってみたほうがいいと思うよ」と勧めてくれたのです。

彼女らしき女性と歩いているところを目撃した話もしたのですが、「それでも、気持ちが残ってること伝えたほうがいいよ」と…。
私はもう可能性はないと思っていたのでそのままにしておくつもりだったのですが、友人は私が迷っている間に彼に会って話をしたらしいのです。
突然、彼から連絡がありました。
「付き合ってる人なんかいない。
 もし戻ってきてくれるなら、また付き合いたい。
 嫉妬ばかりして悪かったと思っている」
と言うのです。
あのときの、手をつないでいたのは何だったの?と思いましたが…。

それについては、後日彼の口から聞くことができました。
どうやら、ゼミの先輩のほうはその気があって積極的だったみたいです。
でも、彼は私を選んでくれました。
あのとき、背中を押してくれた友人に感謝。
まだ恩返しはできていませんが、いつか私もキューピッドになるからね。

復縁したい元カレと再会デート!その時貴女がとるべき行動は?

復縁したい元カレと、まさかのデートの約束を取り付けた!
でも、当日どう振る舞ったらいいの?
そんな貴女に、「復縁デート」を成功させる為の方法をお教えいたします。

元カレと出掛ける約束を取り付けることに成功した貴女、おめでとうございます。
これまで復縁を目指し、元カレに対する努力を惜しまず、
適切なメールやLINEで適切な連絡をし、適度な接触を試みるなど、
素晴らしい手腕で再会の約束を取り付けたことと思います。

その逃せない、チャンスの日に失敗は許されません。
必ずもう一度、元カレの心を手に入れましょう。

復縁デート当日までにイメージチェンジをする

当日、彼に「こいつ、別れたころとは少し変わったな」
と思わせることが目的です。
昔とは違う、素敵な貴女を彼にまずは分かりやすく見せましょう。
髪色を変える、メイクを変える、元カレの前では着た事のない新しい服を着る等です。
ネイルをしたことが無い方は、是非挑戦してみてください。
黒髪が茶髪に、ストレートヘアがゆるふわウェーブに、
女性らしいツヤツヤのネイル。

以前とは違う貴女の装いに、彼は少し驚くでしょう。
その「驚き」が必要なのです。
別れた時とは違う、「新しい貴女」で再び彼を振り向かせなければいけないのですから。

デートの約束までまだ日付があるのなら、是非美容院やネイルサロンへ足を運んでください。

復縁デート当日に貴女がとるべき行動と会話のコツ

これまで彼に対して行ってきた貴女の努力は、全てこの日の為と言ってもいいでしょう。
もちろん、一番大事なのはこの当日です。
それまで貴女の行動がどれほど素晴らしくても、当日のデートが上手くいかなければ意味がありません。
是非、以下のことを頭に入れて、復縁デートに臨んでください。

元カレに対してベタベタしない

久しぶりの彼とのデート。はしゃぎたくなる気持ちは勿論分かります。
ですが、まずは落ち着いてください。
「まだあなたが大好きなの!」
「どうしても私と復縁してほしい!」
その気持ちを隠して、あくまで冷静に、爽やかな態度で彼と接するのがコツです。

男性は恋愛に対しては「追いかけていたい」ものです。
貴女がまだ彼に気のあるそぶりを見せてしまっては、
彼は「こいつまだ俺に気があるのか」と、余裕を持ってしまいます。
「もう俺に気が無いのかな」と思わせるくらいでいいのです。
別れた頃とは違う、今の私は素敵になったのだと
自信をもって堂々と彼に接してください!

聞き手に回る&褒めまくる

とにかく聞き役に回ってください。
貴女が率先して話を進めてしまってはいけません。
話しの主導権を彼に渡すくらいで良いのです。
別れていた間の事、それからどんなふうに過ごしていたのか?
貴女の知らない彼の話を沢山聞けます。

ニコニコし、相槌を打ちながらよく聞いてあげてください。
そして彼の話に対して、目いっぱい「褒めて」あげてください。
褒められて嬉しくない男性はまずいません。

「仕事が辛くて…」なら、「そうなんだ、頑張ってるんだね!あなたならきっと大丈夫!」
「この前友達とフットサルで…」なら、「へえ、フットサルなんて、カッコいいね!」等、単純でいいのです。

しかし、あくまで「褒める」だけにとどめておいてください。
「体に気を付けてね。心配だよ。ちゃんと食べてるの?」や「試合、見に行きたかったなあ〜」
等、重た過ぎる気遣いや、未練がましい言葉はNGです。
言動は全て「爽やかに」を心がけて下さい。

デートは短い時間で

やっと会えた元カレと、長い時間一緒に居たい。
その気持ちはよく分かります。
でも、ちょっと待ってください。このデートだけで終わってはいけないのです。

貴女の最終目的は、「元カレとヨリを戻すこと」のはず。
そのために、次のデートの機会をゲットしなければなりません。
ここで彼に「十分だ」と思わせては、次のデートの約束を取り付けにくくなります。
最初の再会デートは短い時間で切り上げましょう。

「今日はもう帰らないと…」と、微笑みながら言うと良いでしょう。
「もう帰るなんて、名残惜しい」
「また会いたい」
きっと彼はそんな気持ちで、貴女を見送ってくれるはずです。

家に帰り着いたら

メールやLINE等で、彼に感想を伝えましょう。しかしここでも、「爽やかさ」が大切です。

「今日はありがとう、とても楽しかったです」程度に抑えて下さい。
「また会いたいな、次いつ会える?」という言葉が喉まで出かかると思いますが、
それをぐっと堪えて、返信を待ってください。

彼から
「俺も楽しかった。また一緒に出掛けよう」
というような返信がくれば、おめでとうございます!
復縁出来る可能性はかなり高いです。
この日のデートは大成功だったと言えるでしょう。
デート後に何も連絡しないのはNGです。必ず一言、彼に感想を伝えて下さい。

復縁占いをためす

復縁占いで復縁の可能性を占うこともおすすめ。
最近は無料の復縁占いもあります。
➡️無料復縁占い

おわりに

復縁したい元カレと、再会デートの約束を取り付けた!
そんな絶好のチャンスを逃さないで下さい。
昔とは違う、素敵な貴女を彼に見せましょう。
きっと彼は、もう一度貴女に恋します。
願いを叶えるために、上記のことを是非参考にしてみて下さい。

元彼の浮気で破局。心の傷を乗り越えて復縁する為の方法

男女共に自分達は好き合っていた、愛し合っていたと思っていたはずの相手が浮気をし、自分以外の女性といちゃっいていたと思うと、どうしても相手の事を許せずにその場で別れを切り出してしまうかもしれません。

世間ではよく「浮気は男の甲斐性」などと言われていますが、浮気は決して許されることではありません。でもどうしても元彼と復縁がしたい・・・そう考えた時、復縁への方針はもう決まっています。

浮気が原因の復縁の考え方

本当に元彼だけが悪かったのか?

どんな人でも浮気をされてしまうと、自分のプライドや存在価値を汚されたように感じ、自尊心もズタズタになります。

一方的に元彼の事を責めるのは簡単ですが、一方的に元彼を攻め立て反省したなら許してあげる、だから復縁しましょう?では、「なぜ浮気をされたのか?」という根本的な原因が解決せず、そのまま復縁をしても結局元彼が浮気をした原因は改善されないので、結局また別れてしまうことになります。

浮気の原因第一位「物足りなくなった」

どんなに大好きな彼女で、この子と一生添い遂げようと考えていたとしても、ずっと付き合っていけばやがてマンネリ期が訪れます。

どんなカップルにもこのマンネリはやって来ますが、彼女に対し物足りなさを感じていた時、彼女とは違う女性が目の前に現れたら、ついフラッと擦り寄ってしまうこともあります。

このようなマンネリや求めているものが満たされない関係の時、浮気をした場合なら復縁できる可能性は十分にあります。

ですが、これは彼があなたに満足しており、気の迷いで浮気をしてしまった時の場合です。元々彼女に色々な不満があった場合、それらの不満を解消しておかないと、復縁は難しくなります。

元彼を許すことができるか否か?

浮気からの復縁を目指すなら、「私は浮気されて傷ついた!ひどい!」という被害者感情ばかりを元彼の前で振り回していても、オレも悪いけどお前も悪いんいゃない?と元彼が思っているとしたら、お互いの認識が一致しない限り復縁は遠い夢と考えてよいでしょう。

確かに浮気をされると大変辛いですし、自分を否定されたような気持ちになりますが、自分が元彼に取っていた態度を省みて、改善する必要があります。

浮気をした男性が元カノに抱きがちな不満例

毎日メールや電話を強要する

男性は女性に比べ、メールた電話は単なる連絡手段とした捉えていないことが多く、会話として捉えていません。

一方女性はメールや電話は重要なコミュニケーションと思っていますので、決め事を作り毎日メールや電話を求めてくる人も多いのです。

男性にはひとりでぼんやりと考え事をする時間を大切にしている人もいるので、邪魔にならない頻度にする必要があります。

いつの間にか女としてのたしなみが無くなっていた

付き合う前はかわいくて女の子らしい子だなと思っていたのに、一緒にいる時間が長くなるにつれ、どこでもグロスを塗り直したり、男言葉で怒鳴り散らすなどの女を忘れた行動を見ているうちに、こんなはずじゃなかったと後悔するようになります。

嫉妬深く浮気してるとひたすら疑っていた

彼女と付き合う前からの女友達とのメールや、飲み会に女友達がいるだけで「浮気しようとしてる」など、元彼に対して愛情を疑うような発言ばかりしていた場合、どんなに好きだったとしても愛情が薄らいでいきます。あまり縛り付けてしまうと、ほとほと嫌になって他の女性に乗り換えてしまうこともあります。

自分の事ばかりで元彼の事は後回し

いつも自分優先で、元彼の事は自分の用事が終わった後だったりと、元彼の事を軽く扱っていませんでしたか?

男性はどんな人でも男としてのプライドを持っていますので、たとえ好きな彼女でも軽くみられてしまうと、愛情も目減りしていきます。

すぐに元彼の事を否定する

話をしていた時「そうじゃないよ」「間違ってるし」など、元彼のの意見を一方的に否定してしまうと、否定された側としては「正しいかもしれないけど、その言い方はひどい」と傷ついてしまい、何度も重なることでいい加減嫌になってしまいます。

おわりに

男性が彼女に求めているのは、「癒し」であったる「女らしさ」「元気」など、元彼が求めていた欲求を満たすことができていないから、他の女性にその足りなかった部分を求め、浮気をしたおかもしれません。

浮気をされた恨みや辛さ・悲しさを全部忘れてしまうことはできないかもしれませんが、元彼の事を許し、自分が今まで元彼に取っていた言動を省みることによって、元彼との復縁も近づいていくでしょう。