【復縁体験談】元彼と離れてみて依存から変われた私

私は彼のことが大好きでした。
年上独特の口数少ないところも、時々見せる微笑んだような顔も、華奢だけど骨っぽい肩や腕も、全部好きでした。
だけど一番好きだったのは、私を大切にしてくれるところでした。

当時大学一年生だった私は田舎から出てきたばかりのおのぼりさんで、資格の勉強や都会の喧騒に疲れていました。
その一方なぜかふと寂しくなったり自分は一人ぼっちだと考えてしまったりしていました。
そんな時には真っ先に彼に会いに行きました。
夜中でも構わず、自転車を走らせました。
彼はいつでも迎え入れていてくれました。
そして私はそれに甘え過ぎていたのです。

「ちょっと俺に依存し過ぎかな」
これが別れの言葉でした。
正直寝耳に水という感じはなく、ああ、という自分でも驚くくらい冷静な気持ちでいました。
私たちは別れて、友だちに戻りました。

彼の優しいところが大好きでした。
悪く言うと、私にとって都合がいいところが好きだったのかもしれません。
寂しくなると抱きしめてくれて、どんな時間でも会ってくれて、そんな彼が好きだったのです。
一方的に甘えて、頼って、都合よく振り回して…彼が愛想を尽かすのも無理はありません。
私がしてあげたことと言えば、イベント程度にバレンタインや誕生日にプレゼントを渡したくらいだったと思います。
恋愛と言うにはおこがましいくらい一方的な甘えとわがままでした。
それに気づいたとき、なんて自分は子供なんだろうと思いました。

精神的に自律したいと思いました。
資格取得講座も増やし、勉強にレポートに精を出していました。
友だちに戻った彼からは時々メールが来ました。
近況報告を数往復するくらいのメールでしたが、それだけで私は頑張れました。
こうやって心配してくれるのだから、別れて正解だったのだ、と思うようにしました。

私より二年ほど早く彼は社会人になりました。
遠い、飛行機の距離での就職でした。
それもいつものようなメールで知り、見送りも何もせず、私たちは離れ離れになりました。

そしてその一年後、私の就職活動が始まりました。
行きたい企業の一つに、彼の就職先の土地での説明会がありました。
思い切って彼にメールをして、食事の約束を取り付けました。
久しぶりに彼に会える。
そう思うとすごくドキドキしました。

待ち合わせをした彼の第一声は「かっこよくなったね」でした。
生き生きとした顔つき、しゃべり方。
あの頃とは違う、と。
「嫌いになったわけじゃなかった」
そう言って彼は抱きしめてくれました。
変わらない骨っぽい腕の中で私は涙があふれました。
彼のために頑張ってきたわけではありません。
でも自分の頑張りを、大好きな人に見てもらえて、認めてもらえてすごく嬉しかったのです。

離れてみて依存から変われた私を見てくれた彼をずっと大切にしたいと思いました。

【復縁体験談】彼依存症から立ち直り見事復縁に成功しました

私と彼が出会ったのは今から5年前の事でした。

当時私はすでに33歳、それに対して彼は何と27歳と私よりも6歳も若かったのです。

知り合ったきっかけなのですが、毎年開かれる花火大会の時に友人と二人で出掛け、
途中人ごみの中で何と持ってきていた財布をどこかに落としてしまったのです。

かなりの人ごみだった事や暗かった事もあり、結局見つけることが出来なかったのですが、
後日交番から電話があったのです。

財布は無事に見つかったのですが、交番で対応してくれた警察官の彼に私が一目ぼれをしてしまったのです。

勝手に運命の出会いと思い盛り上がってしまったのですが、名前も歳も彼女が居るのかどうかも分からないまま、
私の片思いは続きました。

その後私も年齢的に焦っていた事もあり、彼が仕事が終わる時間帯に待ち伏せをして、
思い切って手紙を渡したのです。

今思えばかなりアナログな告白方法なのですが、まだ連絡先も分からなかった事からこの作戦を決行しました。

答えは見事成功だったので、その日から私達は電話で長時間話したりデートを重ねるようになりました。

毎日彼一色になってしまった私はせっせと彼の官舎に行ってはご飯の支度をしたり、
掃除をしたり洗濯をしたりとまるで母親のような役割も担っていたのですが、
とにかく彼と一緒に過ごす時間が楽しくて気が付けばその状態が3年ほど続きました。

ところが彼は3年置きくらいに転勤があるのですが、当時の勤務先からはかなり離れた場所に勤務が決まったのです。

さらに警察官は昇級試験があるのですが、勉強にも忙しく私の家とも離れてしまった事で思うように会えない事もしばしばでした。

そんな事で結局喧嘩が絶えなくなってしまった事や、私は生活のすべてを彼に依存した事もあり
彼自身も私の束縛に嫌気がさしていた事で結果別れる事になったのです。

しばらくは何もする気が起こらない程傷心していた私なのですが、良い歳をして彼に依存していた事も恥ずかしく思うようになり、
それ以来彼に認めてもらえるようにしっかり内面や外見も磨きました。

約半年間彼との事についてじっくり考えた結果、やはり私には彼しかいないと言う答えを見つけたので
思いのたけを彼にぶつけて見事復縁に成功しました。

昔とは変わった私の姿を見て彼も納得してくれたのですが、復縁の成功はやはり反省する点は反省して
お互い一回り成長した姿を見せる事も大事です。

それ以来私は彼一色ではなく、自分の時間も楽しく過ごせるようになったのですが、
お互い良い関係を保っているので復縁して本当に良かったと実感しています。

【復縁体験談】彼と別れてから自分磨きをして、復縁できました。

私が彼と別れた理由は、彼の仕事の忙しさを私が理解してあげられなかったことでした。

彼の仕事の休みは不定休だから、なかなか予定を立てられませんでした。
しかも、昼に勤務の場合と夜に勤務の場合があったので、タイミングが合わず、なかなか連絡を取ることもできませんでした。
お互いが学生の頃はいつも一緒にいましたし、離れているときは連絡をとっているような2人だったので、彼が就職してからは毎日寂しい日々でした。

今なら、彼の仕事の忙しさを理解して、会えなくなったり連絡があまりとれなくても、許してあげればよかったなって分かるんです。
でもあの時の私は寂しさにつぶされそうになってしまい、その辛さをあろうことか彼にぶつけてしまったのです。
「何で会ってくれないの?」と言ってしまったのです。
そのときの、彼の疲れきった悲しそうな表情を忘れられません。

私は「仕事なんだから仕方ないじゃんか、分かってくれないならもう別れよう」と言われ、ふられてしまいました。
当たり前のこととも言えるでしょう。
彼のことを考えず、自己中心的になってしまったので当然です。

私は別れてはじめて冷静になることができ、自分のしてしまったことの重大さに気付きました。
仕事が忙しいのは当たり前のことなのに、私は寂しいあまり、仕事への理解を忘れてしまっていました。
「何で彼を責めてばっかりだったんだろう」と後悔ばかりしていました。
でも、別れてすぐに彼にすがっては逆効果だとも思い、しばらくは冷却期間を置こうと決めました。

その冷却期間の間に私がしようと思ったことは、自分磨きでした。
自分磨きをして自分に自信をつけて、趣味など自分の時間を充実させることができれば、彼とあまり会えなくても、連絡を少ししか取れなくても、大丈夫になれるし我慢できる、と思ったからです。

元々習いたいと思っていた料理教室に通い、自分磨きをしました。
そして、元々趣味でしていたサックスをまたはじめました。
充実した日々を過ごすことで、自分に自信をつけることができましたし、彼ともし復縁しても、彼に依存することなく自分の生活を送ることができると思えました。

いつの間にか彼と別れて半年が経っており、冷却期間は十分置いたと思ったので彼に連絡をし、会うことができました。
そして私は、昔のように自分が彼に依存していないこと、自分磨きをして自信をつけて今は充実した生活を送っていることを彼に話し、復縁したいと伝えました。
すると、彼にちゃんと伝わったようで、復縁することが出来ました。

自分を見つめなおすという点では、必要な経験だったのかなと今では思います。